ももロゴ     ~ 高齢者の住い、老後計画、勉強会、セミナーなど ~ お気に入りに追加 !
老人ホームを知りたい方

・老人ホームの選び方

・老人ホーム用語集

・よくある質問集

老人ホームを探している方

・老人ホームに入居するまでの流れ

・2015年介護保険改正
・介護保険の基礎知識
・老人ホームのトラブル事例
・予算別で考えるホーム・高齢者住宅

・老人ホームの経営チェック


 

シニアの為の快適生活情報誌
「もも百歳」

Life Design kyoto
 老後・介護・お金をしっかり計画

face book もも編集室

事業者様はこちら

・もも百歳誌 広告掲載ご案内
・もも編集室 調査企画

もも編集室

・運営会社について

<発行雑誌>もも百歳  20万部

メールマガジン

メルマガ登録はこちらから!

Mag2 Logo

 

TOP>介護保険>

▼特定施設入居者生活介護



 行政から「特定施設」の指定を受けた有料老人ホームやケアハウスなど高齢者の住まいです。有料老人ホームの場合、類的と言われる3分類(介護付・住宅型・健康型)がありますが、介護付有料老人ホームはすべて「特定施設」に該当します。すなわち『介護付有料老人ホーム=特定施設』です。

特定施設の主な特徴としては、
  ① その施設から介護サービスが提供される
  ② 要介護度によって入居者の介護保険1割(2割)は固定金額となる
があります。

 高齢者の住まいや介護の施設だからといって、すべての施設に介護がついているわけではありません。その施設の職員が介護をするケース(施設に入居者専用の介護職員がいる)は、
  ・介護保険3施設(特養ホーム、老人保健施設、療養型医療施設)
  ・介護付有料老人ホーム
  ・高齢者認知症グループホーム
  ・特定施設の指定を受けたケアハウスなど
です。


 一方で、住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、一般のケアハウスなどは、介護は外部のサービス(訪問介護、訪問看護、デイサービスなど)を自分で契約して利用します。その施設が自社のグループや関連企業で介護サービスを提供している場合もありますが、原則入居者本人がサービスを選びます。 いずれもメリット、デメリットがありますが、それぞれの特徴が異なるので、住み替え前に十分理解しておくことが大切です。特に費用の点では、 <特定施設等の介護費用が定額制の場合>  サービスの利用頻度や回数によって金額は変わらず、多くても少なくても固定金額を支払う  (要介護度に応じて固定) <居宅介護など積算制の場合>  自宅にいる時と同様に、使ったサービスの合計の1割を支払う。少ないと自己負担も少ないが  1か月の限度額を超えたときは、全額自己負担となりかなり負担がきつくなる。


介護サービスの違い
※有料老人ホームでも、「介護付」と「住宅型」では、異なります。「住宅型」は、自宅にいるのと同じように介護サービスを利用します。
 
介護保険

【個人情報保護について】



お問い合わせはこちらまで


Pro・vision