有料老人ホーム百科事典:全国700件以上のホームを取材してきたもも編集室が老人ホーム情報をご提供しています。 有料老人ホーム百科事典  
老人ホームを知りたい方

・老人ホームの選び方 (2010年版)

・もも編集室のテキスト

・老人ホーム用語集

・よくある質問集

老人ホームを探している方

・老人ホームに入居するまでの流れ

・2012年介護保険改正
・老人ホームのトラブル事例
・予算別で考えるホーム・高齢者住宅

・老人ホームの経営チェック


 

シニアの為の快適生活情報誌
「もも百歳」

Life Design kyoto
 老後・介護・お金をしっかり計画

ポシブル烏丸御池
機能改善のためのトレーニングに特化した半日デイサービス

事業者様はこちら

・ホーム登録の申し込み(有料)
・もも百歳誌 広告掲載ご案内
・もも編集室 調査企画

もも編集室

・運営会社について

<発行雑誌>もも百歳  30万部

メールマガジン

メルマガ登録はこちらから!

Mag2 Logo

・メールマガジンバックナンバー

TOP>介護保険

▼特定施設入居者生活介護

介護保険のサービスには、要支援・要介護で利用できるサービスでお伝えしたように色々な種類のものがあります。利用するサービス内容によって、費用の考え方が異なる場合もありますので、知っておいたほうがよいでしょう。

特定施設入居者生活介護(略して「特定施設」と呼んでいます)は、有料老人ホームなどを中心に、高齢者向けの施設に使われる場合があります。 介護3施設(特養ホーム、老健、療養型病院)は、要介護度に応じて、1日の費用が決まっており、利用者はその1割を負担します。

「特定施設」も考え方は同じで、要介護度に応じて1日の費用が決まっています。「特定施設」が在宅サービスのひとつになっているので、ややこしいのですが、たとえば訪問サービスを利用すると時間単位で利用料金が決まりますし、訪問入浴も1回ごと、リハビリも1回ごと、など、利用したサービスを足し算して、1割負担となります。

簡単に言うと、特定施設の場合は、1日単位の定額、訪問介護などは、時間単位の積算額となります。
自宅で「特定施設」は当然使えません。「特定施設」の指定を受けている有料老人ホームやケアハウス、高齢者住宅などのみです。
特定施設では、その施設の職員から介護サービスを受けるので、食事やその他生活サービスや居住空間と総合的にサービスを受けられます。

 それ以外の場合は、原則自宅で介護を受けるのと同様に、訪問介護のサービスを契約し、費用を支払うことになります。

介護サービスの違い
※有料老人ホームでも、「介護付」と「住宅型」では、異なります。「住宅型」は、自宅にいるのと同じように介護サービスを利用します。
 
介護保険

【個人情報保護について】



お問い合わせはこちらまで


Pro・vision